寝不足になりがち…!?ゲーマー向けの睡眠管理アドバイス10つ

ブルーライトは避ける

テレビからスマホまで、ほとんどの画面からブルーライトが放射されています。巨大で明るいゲームのモニター画面は特に睡眠を妨げる傾向があるので、なるべく避けるようにしましょう。

睡眠時間を一定にする

トーナメントの日程、ゲーミングハウスでの生活、タイムゾーンの変化など、ゲーマーならではの様々な要因のせいで、不規則な睡眠になっていませんか?特に、夕方の早い時間は、エリートゲーマーにとって大変な時間帯ではないでしょうか?どんなに忙しくても、毎日同じ時間に寝ることはとても重要ですので、なるべく心がけましょう。

運動を習慣づける

適度な運動は、早く眠りにつく方法として最も有効です。その上、骨密度を上げ、ストレス損傷を最小化し、eスポーツのプレーが原因となりやすい病気を予防してくれます。

ゲーミングマシンを移動させる

寝る場所とゲームする場所は、キッパリと分けてください。できる限り、寝る場所からゲーミングマシンを遠ざけるのが好ましいです。

良い睡眠の重要性を理解する

夜ぐっすり眠ることは、最高のプレイパフォーマンスを発揮する上で必要不可欠です。たとえ太陽が明るい昼間に十分寝たとしても、実はあまり効果がありません。最新の調査によると、レム睡眠の後にくる深い眠りが、脳の解毒とゲーマーの反応速度には必須だそうです。

カフェインとエナジードリンクは避ける

長い間、eスポーツ界ではモンスターのようなエナジードリンクが飲み親しまれており、プロゲーマーに競技の優位性を与えています。しかし実際には、エナジードリンクの消費は制限されるべきなのです。

エナジードリンクを飲むことによって、沸き立つようなパワーを得られ、一晩中起きていられますが、どうしてなのかはあまり知られていません。実は、脳内の受容体と結合する化学物質アデノシンがその理由です。眠気は非常に多くのアデノシン分子が脳にくっつくことで引き起こされますが、カフェインはアデノシン分子が脳に結合することを妨げ、疲れを感じにくくしているのです。

毎晩最低6時間は寝る

当然ですが、人によって体はそれぞれ異なるため、人によって必要な睡眠時間も異なります。「8時間寝ましょう」というのは実はあまり正しくありません。本当に必要な睡眠時間は、その人自身がリフレッシュできたと感じられる睡眠の量です。さらにゲーマーとなれば、早い反応できるコンディションを手に入れられる睡眠の長さが理想です。十分な睡眠をとれば、eスポーツでいいパフォーマンスができるばかりでなく、一日中気持ちよく過ごすことができるでしょう。

睡眠衛生も重視する

これまでのアドバイスはすべて睡眠衛生に関係していますが、不十分な睡眠が健康やゲームパフォーマンスにダメージを与えるのを避けるためには、より広い概念を把握することが重要です。睡眠衛生とは、「睡眠」「睡眠の質を向上させる方法」「起きている時間」などに影響を与える要素すべてを指します。これにはプロゲーマーにとって非常に重要な「集中力」も含まれます。

寝る前最低30分間はテレビを消す

激しいゲームの後、すぐに寝ようとするのはあまりいい考えではありません。24時間周期のサイクルの中で、ずーっとブルーライトの影響が受けていると、健康な睡眠習慣を保つのがとりわけ難しいのです。

メラトニンを含んだサプリを摂取する

ゲーマーやメラトニンの生成に障害がある人にとって、睡眠は難しいことです。体を眠りへと導く作用のあるメラトニンを豊富に含んだサプリを飲むと、睡眠の問題を克服できると感じる人が多いようですので、ぜひお試しあれ。